Music Africa

アフリカ音楽というと皆さんはどのようなイメージがありますか?ありきたりですが私は打楽器に合わせて民族衣装をまとった人たちがそのリズムに合わせて踊る、そんな姿を思い浮かべてしまいます。たまにテレビなどで放映されている場面が脳に刷り込まれてしまっています。まんざら嘘でもないでしょうが、African Musicはもっと奥が深いんです。(当たり前ですよね。)ラップだってソウルだって元をたどれば行き着くところはアフリカ音楽です。そんな魅力的なアフリカ音楽をひも解いていきましょう。

アフリカ音楽の歴史

アフリカ大陸は世界位で2番目に大きく、世界の人口の10分の1の人々が暮らしています。また先住民の言語も含め1000にも上る言語が話されています。アフリカ音楽は長い間口承で次世代に引き継がれてきました。時折、西洋の探検家の雑誌の抜粋に記述された形のアフリカ音楽が残されている。アフリカの音楽の歴史の大半は、アフリカ人ではない外部の人間によるアフリカの文化遺産の表現論争に囲まれています。

音楽とダンス

音楽、ダンス、ストーリーテリングは、何世紀にもわたってアフリカで栄えてきた古代の芸術形式の一つです。音楽とダンスは、アフリカの音楽表現を特徴づけ、人々の生活の中で重要な役割を果たしています。多くのアフリカの文化は音楽とダンスという言葉を持っていません。ここでAfrican Musicというと音楽だけではなく、ダンスも意味します。

口承の伝統

アフリカの人々は伝統的にそして現代も世代から世代へと文化的慣習の継承を確実にする豊富な口承の伝統があります。今でも多くのアフリカの歌や踊りは世代から世代、あるグループから別のグループへと口承で引き継がれています。